その他

1日1本の缶コーヒーをやめれば年間約3万円の節約になる

こんにちは、いとコンです。

 

あなたは普段、自販機で缶コーヒー買いますか?

コーヒーじゃなくて、ジュースやお茶でもいいです。

 

1本130円…、まあ小銭ですが、チリも積もれば山となりまして、年間約3万円もかかる計算になります。

今日は1日1本の缶コーヒーが年間でどれくらいになるか、また、その費用の節約方法を紹介します。

ジュースやお茶を買う人はそれぞれ置き換えて考えてください。

 

年間の缶コーヒー代

タイトルにある3万円の試算方法ですが、

1本130円の缶コーヒーを、サラリーマンが平日に1本ずつ買うという前提で計算しました。

 

月の出勤日数が平均で20~21日となりますから、

130×20=2600円

これが月額の缶コーヒー代。

 

これを年間に直すと1年は12カ月なので、

2600×12=31200円

となりまして、年間約3万円という計算になりました。

 

もし、休日も毎日自販機で買うよ、という場合は月20日が1.5倍の30日になりますので、費用も1.5倍で年間45000円!

1日2本飲む、という人は1日130円が倍の260円になるので、費用も倍の6万円!になります。

 

6万円ともなるとかなり大きいですよね。

3万円だとしても、年収300万円の人だと収入の1%に相当年収600万円の人で収入の0.5%に相当します。

 

だいたいクレジットカードやポイントカードの還元率がそれくらいですから、せっかく貯めたポイントが缶コーヒー代に消えていることになりますね。

 

これ、もったいなくないですか?

ぼくはもったいないと思うので下記の方法で飲み物代を節約しています。

缶コーヒー代の節約方法

缶コーヒー代が高いというなら飲まなきゃいいじゃん!という話ですが、それでは身も蓋もないですね。

以下でどうすれば安くコーヒーを飲めるのかを書きます。

1.通販やスーパーでまとめ買いする

缶コーヒーは、自販機で130円、コンビニだと少しだけ安いですが、似たような値段で売られています。

これが通販やスーパーになると、100円未満、商品によっては半額以下で買えてしまうこともあります。

 

例えば定番商品ですと、コカ・コーラが出してるジョージアのエメラルドマウンテンは1本当たり70円くらい、サントリーのボス・ブラックは1本当たり60円くらいでアマゾンでで売ってます。

 

おそらくスーパーでも似たような値段で売っているので、自販機を使うならこっちで買った方がいいです。

 

さらにコストを下げる手段としてノーブランドの缶コーヒーを買うという手もあります。

例を挙げるなら、神戸居留地シリーズでしょうかね。

こちらの商品はぼくの近所のスーパーでも売ってるんですが、1本当たり50円を切っていて非常に安いです。

ただ、味の方はそれなりですので、味はとりあえず飲めればいいから少しでも安いやつ!という人向けですね。

同じ商品かは分かりませんが、おそらくあなたの地域のスーパーにも似たような格安商品があるはず。

気になる人は探してみてください。

 

ちなみにコーヒーだけじゃなくてジュースもあります。

 

 

2.水筒を持参する

前半で缶コーヒーを安く買う方法を紹介しましたが、家で作って水筒で持参すればもっと安くあげることが可能です!

 

ただ、水筒の場合ですと、荷物になるということと、洗わなければならないという2つのデメリットがあります。

めんどくさがりな人は前半で紹介した方法で缶コーヒーを、それくらいの手間は惜しまないという人水出しコーヒーを自宅で作って水筒を持参しましょう。

 

オススメの水筒はタイガー魔法瓶の「サハラマグ」です。

 

オススメのポイントとしては、抜群の洗いやすさです!

最近の水筒は性能が高いので、保冷保温効果に関してはあんまり各社で大差ないんですよ。

なので性能よりも使いやすさが重要です。

 

水筒でよくあるタイプとして、ワンタッチでフタが開いてすぐ飲めるやつと、フタがスクリュー式でねじって開けるタイプがあり、サハラマグは後者のスクリュー式です。

 

飲むときの使いやすさを考えるとワンタッチで開くタイプの方が使いやすいのですが、このタイプはパーツが多く、複雑な構造になっています。

 

なので洗うときに洗い残しがあったり、水滴が残ってしまったりして、パッキン部分が臭うようになったりカビが生えたりしやすい。

 

スクリュータイプの場合ですと、飲む時に毎回ねじらないといけないので少し面倒ですが、パーツがフタと本体だけと構造が簡単なので洗うのがとても楽で上記の洗い残しなどがでにくいのです。

 

さらにサハラマグの場合は本体がフラットで、口もそれなりに広いので中まで手が入れやすくとても洗いやすい!

ということで洗いやすさの観点からぼくはサハラマグを推しますし、実際に使ってます!

 

まとめ

1.自販機で毎日缶コーヒーを買うと年間約3万円かかる。

2.自販機を使わず、通販やスーパーでまとめ買いすれば半額くらいまで費用を抑えられる。

3.自作して水筒で持ち運べばさらに安くなる。

 

以上、缶コーヒー代の節約方法についてまとめました!

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)