書評

ストレングスファインダーを使って自分の強みを診断してみた

こんにちは、いとコンです。

今回は自分の強みを発見できるツール、「ストレングスファインダー」をやってみたので紹介がてら、ぼくの診断結果を書きます。

1.ストレングスファインダーとは?

ストレングスファインダーとは、アメリカの世論調査と組織コンサルティングをする会社「ギャラップ社」が開発した、「自分の強みを知ることができる」ツールです。

 

177の質問に答えることによって、ギャラップ社の定義する34の資質の内、自分がどれを持っているかが分かり、それに基づいて自分の強みが分かります。

34の資質

1アレンジ 2運命志向

3回復志向 4学習欲

5活発性 6共感性

7競争性 8規律性

9原点志向 10公平性

11個別化 12コミュニケーション

13最上志向 14自我

15自己確信 16社交性

17収集心 18指令性

19慎重さ 20信念

21親密性 22成長促進

23責任感 24戦略性

25達成欲 26着想

27調和性 28適応性

29内省 30分析思考

31包含 32ポジティブ

33未来志向 34目標志向

診断により、上記34の資質の内、上位5つが分かります。

2.ストレングスファインダーの診断結果

ぼくが実際にストレングスファインダーをやってみたところ以下のような結果になりました。

1.内省(1人でじっくり考えるタイプ)

2.最上志向(高みを目指すタイプ、短所を補うより長所を伸ばすタイプ)

3.分析思考(物事の理由や原因を追究するタイプ)

4.未来志向(未来について考えるタイプ)

5.収集心(知識や物、情報を集めたがるタイプ)

 

上に来るほどその特性が強いようです。

 

ぼくの場合はけっこう当たっていました。

ぼくは1人でいるのが大好きで、いつも1人で黙々と考え事をしています。

これは1番の内省そのものだと思うのでこれに関してはドンピシャ。

で、その考える内容というのが未来志向の内容であったり、分析思考の内容であったり。

 

そして、ストレングスファインダーでは、資質ごとにどういう行動を取ればいいのかということも書いてあるのでそれも参考になりました。

 

例えば内省が高い人への行動アイデアからの引用で、

「考えたことを日誌や日記に箇条書きで書き留めていきましょう。そこでのアイデアが、あなたの思考を生み出すための種となり、価値ある洞察へと発展していくでしょう。」

とあります。

これってブログ書くときのネタのメモ書きそのものです。

 

それから、分析思考の引用

「データを分析したり、規則性を発見したり、アイデアを整理したりすることに注意を払う仕事を選びましょう。たとえばマーケティングや金融、医療分野での調査、データベース管理、編集、危機管理などに秀でているでしょう。」

未来志向からの引用

「未来について考える時間をとりましょう。そうした時間をとればとるほど、より具体的なアイデアになります。アイデアが具体的であればあるほど、説得力が高まります。」

この辺は投資する上で重要になってくる考え方かと思います。

 

そんな感じで新たな発見はなかったのですが、今までのやり方は自分に合ったやり方だったということを確信し、自信が持てるようになりました。

 

自分のことが分からないとか、自分に自信がない、周りと自分を比べてしまう、という人はこのストレングスファインダーやってみてはどうでしょうか?

3.ストレングスファインダーの診断を受けるには?

 

診断の仕方は、まずは上記の「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう ストレングスファインダー2.0」という本を購入します。

 

購入すると巻末の辺りにアクセスコードがありますのでそれを使ってギャラップ社のストレングスファインダーのページで入力します。

 

ここのアクセスコードのところから入力できます。

 

アクセスコードを入力すると、今度はログインアカウントを作る画面に移行しますので、メールアドレスやパスワードなど必要事項を入力、それが終われば診断を受けることができます。

 

ちなみにパスワード入力のところで、大文字小文字英数字の他に特殊文字を含めろというよく分からないことを言われますが、特殊文字とは@や_などの記号のことで、これらの記号をパスワードに含めれば認証されます。

 

あとは書籍を買わずにサイトから直接アクセスコードを買うこともできますが、上で少し紹介した行動アイデアは本にしか書いてないようなので書籍を買うことをオススメします。

それから価格も20ドル(1ドル100円の場合2000円)なので書籍の方が安いです。

 

それからアクセスコードだけでは、上位5種の資質しか見れませんが、追加料金を払えば34種の資質全ての順位を見ることができます。

 

ただ、価格が約40ドル(1ドル100円とすると約4000円)とけっこう高いのでストレングスファインダーが相当気に入った人はいいですが、とりあえずアクセスコード分だけでいいと思います。

ぼくは買ってません。

今後買うことがあったら追記します。

 

最後に、この書籍は中古でも見かけることがあると思いますが、アクセスコードは1回しか使えないので、中古では診断を受けることができない可能性が高いです。

 

先にウェブ上でアクセスコードを買ってあとから書籍が欲しくなった、という人はいいですが、アクセスコード付きの書籍が欲しい方は必ず新品を購入しましょう。

4.まとめ

・ストレングスファインダーはアメリカの会社が作った、自分の強みが分かる性格診断ツール

自分の強みとその強みの活かし方の他、何の強みを持った人と付き合えばいいかも書いてある。

・アクセスコードはウェブ上で買えるが書籍を買った方がいい。

・書籍を買うときは必ず新品で。


 

以上ストレングスファインダーの紹介でした。

ぼくはこの結果を元に、今後もブログなり投資なり頑張っていきます。

 

これで人生変わる!というと大げさかもしれませんが、一度やってみると何かしら気づきがあるはず!

良かったらやってみてくださいね。

 

書評カテゴリ

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)